028-612-8030028-612-8030

カラダから生まれる、健やかな幸せ | 栃木県宇都宮市 kalabo(カラボ)

「わたしたちの背景」

Kalabo.という名前の由来は、「カラダ」と「ラボラトリー」を合わせた造語です。私たちの背景である接骨院・柔道整復師から一歩踏み込んだ広い意味での「健康」を対象とする意味を込めています。柔道整復師とはいわゆる怪我・外傷の治療を行う医療従事者で、筋肉や骨格、関節などの専門家でもあります。カラボは柔道整復師の専門知識を活用して「健康なカラダで、幸せに過ごしてもらう」ことのサポートを目的としています。接骨院では日常的な負担の蓄積によって起きた腰痛や膝痛なども施術の対象としていますが、その痛みだけを治療の対象としていると、その時の症状が改善しても、同じ生活に戻ればまた同じような痛みを起こしてしまうことに対して、従来の治療に限界を感じていました。そこで私たちは、怪我の治療だけにとどまらず、運動や栄養といった、健康に必要とされるもので、わたしたちに可能な範囲はすべて取り組んでいく幅広いサービスが、根本的な解決に必要であるという考えに至りました。運動や栄養などの要素は怪我の治療だけでなく、幸せな生活を送るための健康なカラダを養うことにも繋がります。こうして誕生したのが検査・面談、接骨院、美容、漢方薬、サプリメントそして食事という複数の機能を統合した、Kalabo.が誕生しました。

「現代に求められるもの」

接骨院の治療対象は骨折・脱臼・捻挫などのはっきりとした理由がある怪我が中心でしたが、整形外科の増加、社会やライフスタイルの変化にともない、体に関する悩みや接骨院に対する要望も大きく変化しています。具体的な例として、はっきりとした原因の分からない繰り返す首・肩・腰・膝などの痛みや不調が上げられます。これらの症状は東洋医学・漢方医学で言うところの「未病」という状態が原因となっていると考えられます。未病とは健康とも言えないけど、はっきりとした病気とも言えない状態のことです。これは自身の体質やライフスタイルに大きな原因があるため、症状を出す局所だけに治療を行っても未病自体はなかなか改善しません。また運動器の未病から発生する不調や痛みは、自律神経の不調を招き、メンタルや生活習慣病などの様々な症状につながってしまうこともめずらしくありません。現代の接骨院にはこの未病の改善・アプローチが求められているといえます。また、運動器の未病改善は痛みがなく動けるだけでなく、それ自体が病気の予防や寿命の延長につながることが抗加齢医学の研究によって明らかになっています。

「わたしたちにできること」

カラボでは、まず未病を明らかにするために「検査と面談」を行います。これは医学的な検査とは違い、体組成、運動、自律神経の機能、姿勢の偏りなどを計測、ヒアリングから自身の状態を分析し、体質や問題点から「未病」を明らかにします。未病改善のため、あるいは健康のために運動と栄養が不可欠ということはどなたでもイメージはしていると思います。しかしどんな運動をすれば良いのか、あるいは今運動をしていい状態なのかどうかとなると明確にイメージするのは途端に難しくなることでしょう。実際、効果的で安全な運動は一人ひとりの状態によって違います。栄養においても何を補えば良いのか、あるいは何を摂りすぎてしまっているかはライフスタイルによって様々あります。KALABO.では検査と面談これによって現状の原因や将来的なリスクを客観的な数字で提示し、一人ひとりにあった改善のための施術プランを提案することができます。ある一つの状態に複数の面からサービスを行うことはKALBO.の特徴の一つです。これは根本的な改善を目指すためでも有り、カラダに対する負担の少ない施術を続けるためでもあります。

「わたしたちの背景」

Kalabo.という名前の由来は、「カラダ」と「ラボラトリー」を合わせた造語です。私たちの背景である接骨院・柔道整復師から一歩踏み込んだ広い意味での「健康」を対象とする意味を込めています。柔道整復師とはいわゆる怪我・外傷の治療を行う医療従事者で、筋肉や骨格、関節などの専門家でもあります。カラボは柔道整復師の専門知識を活用して「健康なカラダで、幸せに過ごしてもらう」ことのサポートを目的としています。接骨院では日常的な負担の蓄積によって起きた腰痛や膝痛なども施術の対象としていますが、その痛みだけを治療の対象としていると、その時の症状が改善しても、同じ生活に戻ればまた同じような痛みを起こしてしまうことに対して、従来の治療に限界を感じていました。そこで私たちは、怪我の治療だけにとどまらず、運動や栄養といった、健康に必要とされるもので、わたしたちに可能な範囲はすべて取り組んでいく幅広いサービスが、根本的な解決に必要であるという考えに至りました。運動や栄養などの要素は怪我の治療だけでなく、幸せな生活を送るための健康なカラダを養うことにも繋がります。こうして誕生したのが検査・面談、接骨院、美容、漢方薬、サプリメントそして食事という複数の機能を統合した、Kalabo.が誕生しました。

「現代に求められるもの」

接骨院の治療対象は骨折・脱臼・捻挫などのはっきりとした理由がある怪我が中心でしたが、整形外科の増加、社会やライフスタイルの変化にともない、体に関する悩みや接骨院に対する要望も大きく変化しています。具体的な例として、はっきりとした原因の分からない繰り返す首・肩・腰・膝などの痛みや不調が上げられます。これらの症状は東洋医学・漢方医学で言うところの「未病」という状態が原因となっていると考えられます。未病とは健康とも言えないけど、はっきりとした病気とも言えない状態のことです。これは自身の体質やライフスタイルに大きな原因があるため、症状を出す局所だけに治療を行っても未病自体はなかなか改善しません。また運動器の未病から発生する不調や痛みは、自律神経の不調を招き、メンタルや生活習慣病などの様々な症状につながってしまうこともめずらしくありません。現代の接骨院にはこの未病の改善・アプローチが求められているといえます。また、運動器の未病改善は痛みがなく動けるだけでなく、それ自体が病気の予防や寿命の延長につながることが抗加齢医学の研究によって明らかになっています。

「わたしたちにできること」

カラボでは、まず未病を明らかにするために「検査と面談」を行います。これは医学的な検査とは違い、体組成、運動、自律神経の機能、姿勢の偏りなどを計測、ヒアリングから自身の状態を分析し、体質や問題点から「未病」を明らかにします。未病改善のため、あるいは健康のために運動と栄養が不可欠ということはどなたでもイメージはしていると思います。しかしどんな運動をすれば良いのか、あるいは今運動をしていい状態なのかどうかとなると明確にイメージするのは途端に難しくなることでしょう。実際、効果的で安全な運動は一人ひとりの状態によって違います。栄養においても何を補えば良いのか、あるいは何を摂りすぎてしまっているかはライフスタイルによって様々あります。KALABO.では検査と面談これによって現状の原因や将来的なリスクを客観的な数字で提示し、一人ひとりにあった改善のための施術プランを提案することができます。ある一つの状態に複数の面からサービスを行うことはKALBO.の特徴の一つです。これは根本的な改善を目指すためでも有り、カラダに対する負担の少ない施術を続けるためでもあります。